フードパントリーについて

以前より、地元北千住にて子ども食堂のお手伝いをしていたのですが、

新型コロナの影響により、その子供食堂も自粛期間が続き、なかなか再開の目処がたたずにいます。


そんな中、もう一つの取り組みとして『フードパントリー』なるものもボランティアとして参加しています。


これは生活困窮者やひとり親家庭など、何らかの理由で十分な食事を取ることができない状況の人々に食品を無料で提供する支援活動のことです。英語でパントリー(pantry)は食品を蓄える貯蔵庫を意味しています。月に1度こちらの貯蔵庫から食品をいただき、お困りのご家庭にお配りしています。


まだまだ、このような取り組みの認知度も低いので、周囲の方々に広めていただけたら幸いです。